メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・成蹊大

平野教授と共同作製の天祖神社歌占 新たな歌占追加

弓の弦から歌占の短冊をひく「天祖神社歌占」

[PR]

天祖神社歌占に描かれている神様たち
企画展「天祖神社歌占」のチラシ

 成蹊大学文学部日本文学科の平野多恵教授(文学)と東京都板橋区の天祖神社が共同で同神社オリジナルの和歌みくじ「天祖神社歌占(うたうら)」を制作している。これまで天照大御神や月読命(つくよみのみこと)など16種類の歌占が制作され、多くの参拝者に親しまれている。今月、新たに「倭建命(やまとたけるのみこと)」と「おいぬさま」の2種類が加わる。

 天祖神社歌占は、「各社寺の個性を生かしたおみくじがあればいい」と思っていた平野教授と、「神社独自の新しいことがしたい」と考えていた同神社祢宜(ねぎ)=当時=の小林美香さんとの思いが一致したことがきっかけで、2015年1月、両者連携によるプロジェクトが始動した。

 「歌占」は和歌によるおみくじで、吉凶の記載はない。天祖神社歌占は、室町時代から江戸にかけての歌占の伝統をふまえて、呪文の歌を唱えた後、弓の弦に結びつけられた短冊から一枚を選ぶ方法で占う。天照大神がこもった岩屋の戸を手力男命(たぢからおのみこと)が開いた天岩戸開(あまのいわとびらき)の神話をテーマとしており、江戸時代につくられた板橋区登録文化財に指定されている「天岩戸開絵馬」(同神社所蔵)に描かれた神々や狛狼像(御嶽神社蔵)のおみくじも含まれている。小林さんは「日本古来の信仰に基づく地域の文化財を現代的に活用する取り組みだ」と話す。

 27日には天祖神社で、新しい歌占を神様に奉納する「歌占奉納祭」が行われる。また、1月1~3日、12日、13日は天祖神社のコミュニティースペース「杜のまちや」で同大文学部日本文学科による企画展「天祖神社歌占―倭建命とおいぬさま」が開催される。

 問い合わせは成蹊学園企画室広報グループ(0422・37・3517、ファクス0422・37・3704)。

成蹊大

公式HP:http://www.seikei.ac.jp/university/
所在地:〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
電 話:0422-37-3517

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです