メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

商学部渡辺ゼミ 靖国通り商店街連合会紹介の冊子を作製

作製した冊子

[PR]

靖国通り商店街連合会サポーターとして活動するゼミ生

 来年度、専修大商学部が神田キャンパスに移転するのに先立ち、渡辺達朗ゼミナールの3年次生が、神田キャンパスに近い靖国通り商店街連合会を紹介する冊子を作った。ゼミ生は「学生目線で捉えた神田の魅力を知ってほしい」とアピールしている。

 渡辺ゼミは地域マーケティングの理論を学びながら、まちづくりや商店街活性化の現場で活動。2016年10月から、ゼミ生が「靖国通り商店街連合会サポーター」として、さまざまな店舗を取材しソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で紹介してきた。今回、活動記録をまとめようとゼミ生6人が冊子づくりに挑んだ。

 ゼミ生の村松舞さんは「街のことを知っているほうが、神田での学生生活が楽しくなる」と話す。同連合会は東西に延びる靖国通り沿いに連なる15の商店会からなり、古書店、スポーツ用品店、飲食店などバラエティーに富む。なかには創業100年を超える老舗も。「学生にとって敷居が高そうな店も、実際に話を伺うと、気軽に立ち寄ってと言ってくれる店がほとんど」と黒田梨里子さん。

 高校時代からよく神保町に来ていたという中島弘貴さんは、今回の取材を通じて「新たな発見も多かった」という。古本まつりやカレーグランプリなどのイベントにも足を運んだ。

 冊子には30店を掲載。取材に基づいた店の情報のほか、手書きで一口コメントも添えた。店ごとにQRコードも掲載しているので、インターネット上の元の記事をたどることができる。

 今後もゼミ活動で「サポーター」を続ける予定。土澤克貴さんは「いずれは神田かいわいの店の人や学生、勤めている人などから情報をいただき、双方向の発信ができるといい」と期待する。

 4月から神田を往来する商学部生らに向けメンバーたちは「この冊子やSNSの情報を基に、ぜひ自分の足で靖国通りを歩いてみてほしい。これからも靖国通り商店街連合会を盛り上げていきたい」と話している。

 渡辺教授は「これまでは生田キャンパスから遠征しての取り組みだったが、来年度からはまさにホームグラウンドでの活動になるので、新しいことにどんどん挑戦できるだろう」と期待する。

 冊子はA5判、40ページ。400部制作し、一部を神田キャンパスや靖国通り商店街連合会加盟の店舗で配布。

※渡辺ゼミのホームページでPDFを公開している。

靖国通り商店街連合会サポーターのフェイスブックで全記事が読める。

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです