メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

経営学部岩田ゼミ「アカウンティングコンペティション」で最優秀賞

インタンジブルズチームの学生と岩田教授(左から4人目)

[PR]

 会計系ゼミナール対抗の研究発表大会「アカウンティングコンペティション2019」が12月15日、東京都内で開かれ、経営学部岩田弘尚ゼミ「インタンジブルズチーム」(3年次生7人)が実証研究部門最優秀賞、実証研究部門学生投票最多得点賞、写真コンテスト最優秀賞の三つを受賞した。

 同大会は会計学教育の活性化を図ろうと、監査法人や企業などの協賛を得て始まり、今年で4回目の開催。北海道から沖縄まで、18大学26ゼミナール63チームが参加。本学からは経営、商両学部から4ゼミ4チームが参加した。受賞したインタンジブルズチームは、「インタンジブルズ(※1)としてのテロワール(※2)が持つ価値の解明――国産生ハムの地理的表示(※3)に基づく実証分析――」と題する研究発表を行った。

 今年7月7日に長野県軽井沢町で開催された「国産生ハムフェスティバル」で、国産生ハムの消費者行動に関するアンケート調査を実施。123人から回答が得られ、日本各地でテロワールを生かして生産されている国産生ハムは、地理的表示があると、消費者のリピート率、他人への推奨度、支払い意欲が高まることを明らかにした。

 岩田ゼミは「地方創生のための管理会計」をテーマにしており、経営学部のモットーである「理論と実践で経営を学ぶ」を体現した研究となった。統計を駆使した実証研究で、学術面のみならず実務面への貢献によって審査員から評価された。

※1 インタンジブルズ 将来の経済的便益が見込める無形の資産

※2 テロワール 生産物の特性を作り出す、地形、土壌、気候などの自然環境や独自のノウハウ

※3 地理的表示 食品等の名称で、その名称から産地や産品の質や特性を特定できる名称の表示制度

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです