メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

経営学部岩田ゼミ「アカウンティングコンペティション」で最優秀賞

インタンジブルズチームの学生と岩田教授(左から4人目)

[PR]

 会計系ゼミナール対抗の研究発表大会「アカウンティングコンペティション2019」が12月15日、東京都内で開かれ、経営学部岩田弘尚ゼミ「インタンジブルズチーム」(3年次生7人)が実証研究部門最優秀賞、実証研究部門学生投票最多得点賞、写真コンテスト最優秀賞の三つを受賞した。

 同大会は会計学教育の活性化を図ろうと、監査法人や企業などの協賛を得て始まり、今年で4回目の開催。北海道から沖縄まで、18大学26ゼミナール63チームが参加。本学からは経営、商両学部から4ゼミ4チームが参加した。受賞したインタンジブルズチームは、「インタンジブルズ(※1)としてのテロワール(※2)が持つ価値の解明――国産生ハムの地理的表示(※3)に基づく実証分析――」と題する研究発表を行った。

 今年7月7日に長野県軽井沢町で開催された「国産生ハムフェスティバル」で、国産生ハムの消費者行動に関するアンケート調査を実施。123人から回答が得られ、日本各地でテロワールを生かして生産されている国産生ハムは、地理的表示があると、消費者のリピート率、他人への推奨度、支払い意欲が高まることを明らかにした。

 岩田ゼミは「地方創生のための管理会計」をテーマにしており、経営学部のモットーである「理論と実践で経営を学ぶ」を体現した研究となった。統計を駆使した実証研究で、学術面のみならず実務面への貢献によって審査員から評価された。

※1 インタンジブルズ 将来の経済的便益が見込める無形の資産

※2 テロワール 生産物の特性を作り出す、地形、土壌、気候などの自然環境や独自のノウハウ

※3 地理的表示 食品等の名称で、その名称から産地や産品の質や特性を特定できる名称の表示制度

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです