メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

第16回神奈川産学チャレンジプログラムで最優秀賞を受賞

最優秀賞・優秀賞を受賞した学生たち

[PR]

 神奈川県内の企業、大学が参加し、経営課題に学生が解決策を提案する産学連携の課題解決型コンぺ「第16回神奈川産学チャレンジプログラム」(一般社団法人神奈川経済同友会主催)の表彰式が12月17日、パシフィコ横浜で行われた。

 企業32社、大学21校、213チーム935名が参加し68チームが入賞した。本学からは最優秀賞に5チーム、優秀賞に8チームが選ばれた。

 「神奈川産学チャレンジプログラム」とは、PBL (Problem Based Learning) の手法を応用し、参加企業おのおのが直面する経営課題を研究テーマとして設定し、それに対して学生チームが自主的能動的に研究、実践的で実効性のある解決策を研究リポートとして提出するもの。学生が、実社会で発生している問題に具体的に取り組むことにより、問題解決能力の高い人材の育成につながる。

本学の受賞者一覧はこちら

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです