メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・龍谷大

「日本のエネルギーのこれから」テーマに政策学部・大島教授が講演

「原発は誰も幸福にしない」と語る大島堅一教授=京丹後市峰山町で2019年11月16日

 龍谷大政策学部の大島堅一教授が「日本のエネルギーのこれから」をテーマに京都府京丹後市で講演した。関西電力の会長、社長を含む原子力関係者が福井県高浜町の元助役から巨額の金品を受領していた問題を取り上げ、「元助役が怖いからもらったというが、そんなことはあり得ない。関電が本丸だ。お金でつながっている者同士で高浜原発を再稼働させており、再稼働は無効だ」と指摘。原発事故が発生した場合、高浜町だけでなく被害は広範囲に及ぶとして「再稼働のプロセスを見直すべきだ」と訴えた。

 東京電力福島第1原発事故後、毎週金曜日に京丹後市の街頭で「原発のない社会の実現を」と呼び掛けている「原発ゼロネット丹後」が11月16日、「金曜行動350回」を記念して開催した。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文808文字)

龍谷大

公式HP:http://www.ryukoku.ac.jp/
所在地:〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
電 話:075-645-7882

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです