メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神戸大

阪神大震災25年:先輩の無念、後輩変える メディア研の学生ら遺族に取材、実感

阪神大震災で当時神戸大4年の森渉さんを亡くした母尚江さん(右)を取材する神戸大学メディア研の学生たち

 神戸大(神戸市灘区)の学生らが、1995年1月17日の阪神大震災で犠牲になった「先輩」の遺族から当時の話を聞き取り、インターネットで紹介している。既に大学生は、震災後に生まれ直接経験のない世代が中心。今年1月の震災忌に学内で開かれた追悼式典に現役学生がほとんど参加せず、記憶の風化に危機感を抱いたのがきっかけだった。25年前に何があったかを知り、学生の心にも変化が生まれている。

 「どんな息子さんだったんですか?」。12月初旬の週末、森尚江(ひさえ)さん(82)=京都市東山区=を、ジャケット姿の若者4人が囲んだ。25年前に神戸市東灘区のアパートが倒壊し、次男渉さん(当時神戸大法学部4年・22歳)を亡くした。「死んだ子ですから自慢させてほしいんですけど、文学青年でね」。渉さんの在りし日を語った尚江さんは目を細めた。「あなたたち見てたら、息子もこんなんやったんやなあ、と。渉も…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1171文字)

神戸大

公式HP:http://www.kobe-u.ac.jp/
所在地:〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
電 話:078-803-5083

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです