メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

「旧島津家本邸」として本館、3号館が重要文化財に指定

清泉女子大学本館(旧島津家本邸)

[PR]

現3号館(旧事務棟)も国の重要文化財に指定された

 清泉女子大学の本館と3号館は昨年12月27日、文化審議会から同10月18日に文部科学相に答申されたことを受け、「旧島津家本邸本館及び事務所」として国の重要文化財に指定された。

 旧島津家本邸は、島津家第30代当主・忠重の邸宅として、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計・施工監理により大正6(1917)年に完成した。昭和37(1962)年から同大が本館として使用しており、現在も聖堂や教室、会議室として利用されている。

 2012年3月に「旧島津公爵家袖ケ崎本邸洋館」として東京都指定有形文化財(建造物)に指定された。その際、旧事務棟(現3号館)は、設計・施工が同時期と推察され、コンドルの邸宅以外の建物として貴重であるとされていたが、今回の指定で、2棟そろって国の重要文化財となった。

 今回適用された指定基準は、「1 意匠的に優秀なもの」及び「3 歴史的価値の高いもの」。

 「日本近代建築の発展の礎を築いたジョサイア・コンドルによる設計で、彼が手がけた数多くの邸宅建築のうち最晩年のものの一つ。本館は煉瓦(れんが)造りで規模も大きく、内外ともに装飾を端正に整えつつ彼が得意としたベランダや大階段など、要所を華麗に装飾した本格的な洋館として価値が高い。本館は洋式の生活に特化したつくりで、家政を司(つかさど)る事務所も残るなど、近代の華族邸宅の在り様を知る上でも重要である」と評価された。

※清泉女子大学公式ウェブサイト関連ページ

・本学の本館及び3号館が「旧島津家本邸」として重要文化財に指定

概略と歴史、邸内画像、動画 等

※清泉女子大学では、学生ガイドが案内する見学ツアーを、春(4~6月)と秋(10~12月)に開催しています。次回、2020年春季の開催日程は、1月中旬に大学公式ウェブサイトで公表し、2月3日(月)~2月28日(金)の期間に申し込みを受け付けます(要予約・抽選制)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです