メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

「旧島津家本邸」として本館、3号館が重要文化財に指定

清泉女子大学本館(旧島津家本邸)

[PR]

現3号館(旧事務棟)も国の重要文化財に指定された

 清泉女子大学の本館と3号館は昨年12月27日、文化審議会から同10月18日に文部科学相に答申されたことを受け、「旧島津家本邸本館及び事務所」として国の重要文化財に指定された。

     旧島津家本邸は、島津家第30代当主・忠重の邸宅として、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計・施工監理により大正6(1917)年に完成した。昭和37(1962)年から同大が本館として使用しており、現在も聖堂や教室、会議室として利用されている。

     2012年3月に「旧島津公爵家袖ケ崎本邸洋館」として東京都指定有形文化財(建造物)に指定された。その際、旧事務棟(現3号館)は、設計・施工が同時期と推察され、コンドルの邸宅以外の建物として貴重であるとされていたが、今回の指定で、2棟そろって国の重要文化財となった。

     今回適用された指定基準は、「1 意匠的に優秀なもの」及び「3 歴史的価値の高いもの」。

     「日本近代建築の発展の礎を築いたジョサイア・コンドルによる設計で、彼が手がけた数多くの邸宅建築のうち最晩年のものの一つ。本館は煉瓦(れんが)造りで規模も大きく、内外ともに装飾を端正に整えつつ彼が得意としたベランダや大階段など、要所を華麗に装飾した本格的な洋館として価値が高い。本館は洋式の生活に特化したつくりで、家政を司(つかさど)る事務所も残るなど、近代の華族邸宅の在り様を知る上でも重要である」と評価された。

    ※清泉女子大学公式ウェブサイト関連ページ

    ・本学の本館及び3号館が「旧島津家本邸」として重要文化財に指定

    概略と歴史、邸内画像、動画 等

    ※清泉女子大学では、学生ガイドが案内する見学ツアーを、春(4~6月)と秋(10~12月)に開催しています。次回、2020年春季の開催日程は、1月中旬に大学公式ウェブサイトで公表し、2月3日(月)~2月28日(金)の期間に申し込みを受け付けます(要予約・抽選制)。

    清泉女子大

    公式HP:https://www.seisen-u.ac.jp/
    所在地:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
    電 話:03-3447-5551

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

    3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

    4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

    5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです