メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・関西学院大

電波望遠鏡 南極設置へ20億円の寄付募る

南極に設置を計画する望遠鏡の完成想像図を示す関西学院大の中井直正教授

 いまだに確認されていない数多くの銀河を見つけ出そうと、関西学院大を中心とするグループ「南極天文コンソーシアム」が、南極に口径10メートルの電波望遠鏡を建設する計画を進めている。南極は、観測の妨げになる大気中の水蒸気が極めて少ないなどの好条件に恵まれており、未知の銀河から生命の起源や進化を探ることができる。関学大は関西発の次世代望遠鏡を実現しようと、5年間で開発研究費として20億円の寄付金を募る。

 宇宙は、約138億年前のビッグバンによって生まれたとされる。既存の光学望遠鏡で観測できる太陽系の惑…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです