メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神奈川工科大

高大連携講座の高校生発表会 開催

発表会での集合写真

[PR]

 神奈川工科大学は教育交流協定を締結している高校の生徒を対象とした高大連携講座を実施している。これは、同大が開講するいくつかの講座から高校生が学びたい講座を複数回行い、専門分野の講義を聴くだけでなく、グループワークや実験実習を取り入れ、講座のまとめや成果の発表会を実施しているのが特徴。

 この発表会が1月11日、同大学で開催され高校生・教員・保護者など121人が参加した。なお、神奈川県教育委員会も視察に訪れ成果を見守った。

 高大連携講座は今年度、15講座を開設し30高校226人の高校生がさまざまな講座を受講したが、その中から、11校で12チームを作り44人の高校生が講座で体験した内容について、発表を行った。なお見学者を含め高校生の参加は60人だった。

 発表会では、各チーム10分間のプレゼンテーションを行い、質疑応答も盛んに行われた。その後行われた懇談会では、異なる高校、高校教員、大学教職員が8人でひとつのテーブルを囲み情報交換を行った。

 高大連携講座は2016年からスタートし、今回で4年となる。大学と高校が連携し、人材育成を積極的に進め、理系進学に興味を持つ一人一人の能力を伸ばすための連携の在り方を今後も考えていきたい。

 なお、発表の内容は以下の通り。

「ロボットプログラム制御」 2チーム

「灯り」 2チーム

「波長多重通信技術体験」 1チーム

「静電気を利用したPM2.5の除去に関する研究」 1チーム

「Unityを利用したゲーム制作入門」 1チーム

「デバイスプログラミング入門」 2チーム

「IoT入門~あったらいいな を作ってみよう」  1チーム

「ロボットの製作過程の体験的学習」 2チーム

神奈川工科大

公式HP:https://www.kait.jp/
所在地:〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
電 話:046-291-3002

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです