メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

日本航空と連携した「エアラインパイロット指定校推薦コース」開設

日本航空と連携した新たなコースが誕生する

[PR]

 2019年4月に工学院大学先進工学部機械理工学科に設立した航空理工学専攻に、JALとの連携による高品質な養成課程でエアラインパイロットをめざす「エアラインパイロット指定校推薦コース」が誕生した。

 従来、私立大学のパイロット養成課程からエアラインパイロットに志願するためには、商用パイロットに求められる事業用ライセンスまで取得するのが主流。同コースでは、事業用ライセンスの前段階となる自家用操縦士および計器飛行証明ライセンスのみを米国FAAで取得し、技量確認試験に合格すると、JALの自社養成パイロット採用選考に同大推薦の有資格者として受験が可能となる。

 加えて、学生が負担する訓練費を低く抑えたこと、操縦訓練開始前にエアライン基準の航空身体検査を受検できることが最大の特長。世界的な航空需要の増大を背景に、パイロット不足は大きな社会問題となっている。一方で、多くの若者がパイロットに憧れを抱いており、同大は一人でも多く、その夢を実現できるように独自のカリキュラムでバックアップする。

 取得するライセンスの種類や訓練期間など、学生の希望に沿った多様な選択肢を用意し、エンジニアを養成する機械理工学科に設置された専攻の特長を生かした「高度な工学知識と操縦技術」を習得し、これまでにない「エンジニア・パイロット(R)」を養成する。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです