メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

インドネシア大学の研究所と国際交流組織間協定

専大訪問団=インドネシア大学社会政治科学部で2015年10月

[PR]

 専修大学社会知性開発研究センター/ソーシャル・ウェルビーイング研究センター(研究代表=嶋根克己人間科学部教授)は、インドネシア大学社会政治科学部社会政治研究所(インドネシア・デポック市、Jajang Gunawijaya研究所長)と国際交流組織間協定を2019年12月6日付で結んだ。

 アジアにおけるソーシャル・ウェルビーイング(人々の安心感、幸福感)の状況を研究するために共同研究、教育の推進、教員、研究者の交換や、研究会、シンポジウムの開催などを行う。社会知性開発研究センター/ソーシャル・ウェルビーイング研究センターが締結中の組織間協定は4機関となる。

 インドネシア大学社会政治科学部社会政治研究所は、社会学の研究・教育組織。社会知性開発研究センター/ソーシャル・ウェルビーイング研究センターとは、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「アジアにおけるソーシャル・ウェルビーイング研究コンソーシアムの構築」(14~18年度)で、アンケート調査の実施などで交流を図ってきた。事業終了後も学内研究プロジェクトとして研究交流を続けており、21年にはインドネシアで国際コンファレンスが予定されている。

 なお、専修大学の国際交流協定は19カ国・地域34協定(大学間25、組織間9)となった。インドネシアとは初となる。

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです