メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP25会場にて(左端が藤縄さん)

[PR]

帰国後の報告会にて

 グレタ・トゥーンベリさんをはじめとする若者たちの活動に注目が集まる気候変動問題。成城大学社会イノベーション学部の藤縄聖菜さんも、気候変動に関する環境問題に対し精力的な活動を行っている一人だ。「Climate Youth Japan」という団体に所属し、その代表メンバーとして、昨年末、スペイン・マドリードで開催された国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した。現地では広報担当として他の派遣員からあがってきた報告や会場の様子などをブログやフェイスブックで発信したほか、中国のパビリオンではパネリストとして登壇する機会もあった。

 藤縄さんが環境問題に興味を抱いたきっかけは2015年に国連総会でSDGs(持続可能な開発目標)が採択されたのを知ったことだったという。さまざまな事情を抱える国々が地球の未来のために一つの目標を採択したのはすごいことだと思うと同時に、それほど地球は危機的状況なのだと衝撃を受けた。

 COP25に参加して、国同士は政治的に隔たりがあっても、若者同士は何の垣根もしがらみもなく交流できたことに感動したという。今後もこの流れが止まらないよう、自分の経験を多くの若者に伝えていきたいと考えている。

 藤縄さんのインタビューを大学公式ホームページに掲載中。

https://www.seijo.ac.jp/news/jtmo42000000stm7.html

成城大

公式HP:http://www.seijo.ac.jp/
所在地:〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
電 話:03-3482-1092

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです