メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・追手門学院大

キャンパス再開発へ  高性能人工芝の多目的グラウンドを中・高跡地に

[PR]

 追手門学院大学などを運営する学校法人追手門学院は、昨年4月に開設した茨木総持寺キャンパス(大阪府茨木市)に全面移転した追手門学院中・高等学校の跡地に、新グラウンドを整備した。

 新グラウンドは茨木安威キャンパス(同市)の旧追手門学院中・高等学校の敷地約3万平方メートルに、旧校舎を解体し整備した。サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールにも対応できる人工芝のグラウンド、公式戦に対応したテニスコート3面、100メートルの全力疾走が可能な走路、252台を収容できる駐車場とバイク用の駐輪場を備えている。

 このうち新しい人工芝のグラウンドは高性能人工芝を導入し、クッション性を向上。またグラウンドを見渡すネットワークカメラを設置し、プロのサッカーチームやラグビーチームなどを招致し、動きや戦術を科学的に解析して、パフォーマンス向上に役立ててもらうことも可能な仕様となっている。

 茨木安威キャンパスと茨木総持寺キャンパスは約2キロ離れている。茨木安威キャンパスには追手門学院大学の4学部の2年生以上と大学院生が通学し、茨木総持寺キャンパスには、追手門学院大学の2学部の学生と全学部の1年生、全面移転した追手門学院中・高等学校生が通学している。

 法人では茨木安威キャンパスの再開発を検討しており、最初の施設整備となった。

追手門学院大

公式HP:http://www.otemon.ac.jp/
所在地:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
電 話:072-641-9590

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです