メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

科学館で体験イベント 楽しく学べる!「カガクおもちゃ」  ネットワーク情報学部生が開発

身近な素材でくっつき虫を作った「君はおたねお助け隊!」

[PR]

学生が考案したカガクおもちゃを大勢の親子連れが楽しんだ
運動エネルギーの変化を学ぶ「カガクラッシュ」

 専修大学ネットワーク情報学部の授業「応用演習1(コンテンツデザイン)」を履修する2年次生33人が、自然科学について楽しく学べる親子向けの学習教材「カガクおもちゃ」の開発に取り組んだ。1月19日、かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市多摩区)で、完成したカガクおもちゃの体験イベント「フィールドミュージアム展」を開催し、子どもたちに自然科学の面白さを伝えた。

 カガクおもちゃは、小学校低学年で習う電磁気、動植物、力と運動など六つの領域に関連したもので、開発には同科学館と川崎市立登戸小学校が協力。学生たちは、約5カ月にわたり、試行錯誤を重ねた。

 フィールドミュージアム展で学生は八つのカガクおもちゃを披露。光の反射チーム(伊澤穂香代表)の「せのびスコープ」は、内蔵した2枚の鏡を反射させ、大人の視点が体験できる。動植物チーム(遠藤美穂子代表)の「君はおたねお助け隊!」は、動物の毛や人の衣服にくっついて運ばれる植物の種子「くっつき虫」がどのように動物にくっついているのか考え、観察し、身近な素材でくっつきやすい“種”を作った。

 力と運動チーム(相原樹代表)はスキーのジャンプ台のような大きな木製コースに車を走らせる「カガクラッシュ」を作った。高さと重さによる運動エネルギーの変化を子どもたちに体験してもらった。相原さんは「科学に興味を持ってもらえるよう、繰り返し遊べることを意識した。多くの子どもたちに楽しんでもらえてよかった」と話した。

 体験した子どもたちからは「面白い」「もう一回やりたい」といった声が上がった。栗芝正臣准教授は「自分たちが作ったものを使ってもらい、ユーザーの反応や感想を目の前で直接得られる貴重な機会。子どもたちが喜ぶ姿を見て、日ごろの学びの成果が実感できたのではないか」と成果を語った。

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです