メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋学園大

トップアスリートのトレーニングなど学ぶ講演会 50人が実践

Peak Force International Inc.CEOの佐藤公威氏による講義の様子

[PR]

アセスメントを体験する学生たち
学生たちがトップアスリートのウオーミングアップを体験した

 東洋学園大は1月24日、トップアスリートのトレーニングとアセスメント(客観的評価)を英語と共に学ぶ特別講演会「野球の動きに関連するアセスメントとその重要性」(人間科学部スポーツ健康コース主催)を同大の教室と体育館で開催した。学生や教員、卒業生など50人が参加し、世界におけるトレーニング科学やコーチングの最前線にいる講師からの直接指導に熱心に耳を傾けていた。

 講師には、台湾を拠点に世界各国のオリンピックアスリートやパラリンピックアスリートらのアセスメントなどを行う「Peak Force International Inc.」(台湾・台中)最高経営責任者(CEO)の佐藤公威(きみたけ)氏を迎えた。世界のトップアスリートも実践している生物力学をもとにした身体機能の客観的な評価方法のアセスメントについて、講演と実技授業を実施した。

 スポーツを通じた英語教育の普及にも取り組んでいる佐藤氏はまず、主に野球やテニスの動きに関連する身体の可動性と安定性のアセスメントの重要性を、トップアスリートの事例や最新の研究に触れながら英語を交えて講演。その後、体育館に移動し、参加した学生が実際にトレーニングとアセスメントを体験。合同でのウオーミングアップやトレーニングの中で個人の癖や欠点を発見・分析し、姿勢や動きを修正することで、より効率的でけがの少ないトレーニングへとつなげる方法を体感しながら学んだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです