メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪学院大

東京2020応援プログラム「チームQランニングクリニック」開催

大阪学院大のグラウンドで行われたランニングクリニック

[PR]

高橋さんが現役時代に行ってタイムが伸びた臀部(でんぶ)のトレーニングも直接指導

 大阪学院大は2月11日、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストで同大卒業生の高橋尚子特任教授が講師を担当する「チームQランニングクリニック」を開催した。同大グラウンドで大阪府吹田市内の中学校の陸上部に所属する生徒63人が参加。今回のランニングクリニックは、同大が東京五輪・パラリンピック組織委員会と大学連携協定を締結しており、東京2020大会の機運を高める取り組みを推進する応援プログラムの一環。約3時間にわたって基本の大切さを中心に走る姿勢やトレーニング方法などを指導した。

 高橋さんは「先月行われた大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生選手も10年前に行われたこのクリニックに参加し、私が指導した腹筋練習を今でも継続して行っている。今日参加している中学生の皆さんにも日本代表やオリンピックに出場する可能性がある。このクリニックをきっかけに夢を持ってほしい」と語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです