メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

文学部・川上ゼミ 雑誌「SHOW」14号発刊

SHOW14号

[PR]

SHOW14号から

 専修大学文学部日本文学文化学科の川上隆志ゼミによる雑誌「SHOW」14号が完成した。企画、取材、撮影、執筆、編集をすべて学生が行い、年1回発行している。

 特集は「食の豊かさ」。食品ロスやコミュニティーカフェ、純粋菜食主義(ビーガン)などを取り上げ、関係者にインタビュー。家畜にストレスを与えず飼育する「アニマルウエルフェア」では東京・八王子の牧場を取材し、日本ではあまり知られていない畜産動物の福祉と、食の関係を問いかけた。編集長の稲川佳楓さん(文学部3年)は「食品ロスといった物理的な側面だけではなく、食の選択の豊かさや、食事環境の豊かさ、食品開発の豊かさなどさまざまな切り口で掘り下げた」と話す。

 このほか、ウェブメディアで活躍中のライター・カツセマサヒコさんのインタビュー、共有スペースや共同作業で緩やかにつながりながら暮らす「コレクティブハウス」の紹介など、特集以外の記事も充実している。

 稲川さんは「学生の視点から社会はどう見えるのだろう?というところから、今年の『SHOW』は生まれた。社会問題の深刻さを伝えるよりは改善に向けての取り組みや、新しいアプローチを取り上げている。何だか希望が持てる、そんな雑誌になったと思う」と話す。

 「SHOW」14号は同大生田キャンパス9号館の図書館本館前のラックで無料配布。希望者はkawatakazemi@gmail.comにメール。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです