メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

台湾・嘉南薬理大と国際学術交流協定 学生や教員交流を活発に

日本薬科大学の教授ら(右側)と嘉南薬理大学の訪問団

[PR]

 日本薬科大学は2月5日、台湾の嘉南薬理大学と国際学術交流協定を日本薬科大学で締結した。今後は、両大学間の教育研究に関する学術交流や交換留学を活発に行っていく。

 嘉南薬理大学は台湾・台南市にある、1万3000人の学生が学ぶ総合大学。1966年設立の薬学専科学校を前身としており、薬理学部、家政学部、社会科学管理学部、環境学部の四つの学部のほか、温泉、生態技術研究開発、文化芸術、レジャー産業研究開発の四つの研究センターがある。

 締結式で、日本薬科大学の安西和紀薬学部長は「両大学間の交換留学をはじめとした学生交流や、学術交流などの教員交流が活発になることを期待したい」と語った。

 嘉南薬理大学からは、中国薬に使用される植物(生薬)の研究を専門とする教授らが訪れ、協定締結式後、日本薬科大の漢方資料館や生薬学の研究室を見学した。その後の交流会でも、和やかで活発な意見交換が行われた。

日本薬科大

公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
電 話:0120-71-2293

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです