メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

食糧問題考えるワークショップ 5月23日、高校生らの参加者募集

グローバル・シティズン育成プログラムのイメージ

[PR]

 清泉女子大文学部地球市民学科は5月23日、「グローバル・シティズン(地球市民)育成プログラム」を同大で実施する。その中で行う世界の食糧問題の解決方法を考えるワークショップに参加する高校生や受験生を募集している。

 ワークショップのテーマである「フードロス」は、日本を含む先進諸国で、大量の食糧が食べられずに廃棄される社会問題の一つ。このようなグローバルな課題は、一国の取り組みだけでは解決が難しい。ワークショップでは、課題に対して、国際的な視点から問題の本質を捉え、多様な人々と協働して解決を目指していく。当日はグループワーク形式で多角的な議論と考察を行う。

 ワークショップ実施後は、学科教員や在学生、卒業生を交えたパネルディスカッションやフリートークも実施する。ワークショップ参加者は、清泉女子大総合型選抜入試(AO入試・Global Citizen育成型入試)などの入試で活用できる「グローバル・シティズン育成プログラム修了証」が授与される。

 地球市民学科は、2001年の設立以来、「グローバル・シティズン」を育てるための教育を行ってきた。21年には、変化の激しい時代に自分のやりたいこと、やるべきことを成し遂げられる女性の育成を目指し、カリキュラムを刷新する。今回のプログラムは、新カリキュラムを事前に体験できる内容となっている。

 詳細と申し込み方法については、4月中旬以降に同大ウェブサイトに掲載予定。問い合わせは同大入試・広報部広報課(03・3447・5551、メールkoho@seisen-u.ac.jp)まで。

清泉女子大

公式HP:https://www.seisen-u.ac.jp/
所在地:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
電 話:03-3447-5551

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです