メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・横浜国立大

移動サービスプロジェクト 20年度の実装目指し産学官で連携

Universal MaaSの社会実装に向けた連携発表会で手を合わせる(左から)横浜国立大副学長の中村文彦教授、横須賀市長の上地克明氏、京急電鉄の原田一之社長、ANAの平子裕志社長

[PR]

Universal MaaSの社会実装に向け連携していくことが発表された

 横浜国立大は、全日本空輸(東京都港区)、京浜急行電鉄、神奈川県横須賀市と、ユニバーサルデザインに基づく移動サービス「Universal MaaS(ユニバーサル・マース)」の実装プロジェクトを進めている。さまざまな理由で移動にためらいのある人たちが快適にストレスなく移動できるようにすることが狙い。4者は2月7日、2020年度内の社会実装を目指し連携していくことを発表した。

 MaaSは「Mobility as a Service」の略称で、移動を一元的なサービスとして捉えること。これまで利用者は必要な情報を得る際、交通機関などに個別に確認していたが、Universal MaaSに登録することで、一元的に情報を取得できるようになる。

 Universal MaaSでは、交通事業者や自治体、大学が、利用者のリアルタイムの位置情報や必要とする介助内容を共有し連携。利用者に公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を提供する。

 集められたデータを基に、各事業者の職員が求める情報内容の検証や共有方法の検討のほか、利用者の特性にあった移動サービスの提案も行う予定。利用者の移動のきっかけとなる情報提供も検討していく考えだ。

 プロジェクトは昨年6月から開始され、11月から今年1月にかけてプロジェクトの有効性検証と課題の抽出を行う実証実験を実施。羽田空港第2ターミナルから横須賀美術館までの移動について、アプリケーションソフトを用いた実験を繰り返し、利用者などの意見を反映させたUniversal MaaSのプロトタイプシステムを構築した。

 横須賀リサーチパークで行われた発表会で横浜国立大副学長の中村文彦教授は「全ての人が同じように移動できるためのシステムデザインについて、今回、具体的なフィールドで取り組む機会を得た。今後、社会実装を進める過程で新たな課題が出てくると思うが4者協働で乗り越え、良いものをつくっていきたい」と話した。

横浜国立大

公式HP:http://www.ynu.ac.jp/
所在地:〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-1
電 話:045-339-3016

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです