メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・横浜市立大

木原生物学研究所で栽培の大麦でクラフトビール 第3弾は「桜餅風味」

新発売のクラフトビール「KORNMUTTER SAKURA」=横浜市立大学提供

 横浜市立大学木原生物学研究所(横浜市戸塚区)で栽培した大麦を使用した春限定のクラフトビール「KORNMUTTER(コルンムッター) SAKURA」が、3月13日に発売された。同研究所の麦を使ったビールは2017年に初めて発売され、今回は第3弾。サクラの花と葉を使用し、春にふさわしい「桜餅風味」のビールに仕上がったという。

 麦の研究で知られる同研究所では、品種改良などの研究のため、麦を栽培してきた。学生たちを中心に育てる麦を活用しようと、ビール造りが持ち上がり、クラフトビールを手がけるサンクトガーレン(厚木市)が醸造・販売することで実現した。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文588文字)

横浜市立大学

公式HP:http://www.yokohama-cu.ac.jp
所在地:〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
電 話:045-787-2311

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです