メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋大

経済学部3年・池田尚希選手 競歩20キロで五輪代表に

男子20キロ競歩で競り合う池田尚希(左)と高橋英輝=石川県能美市営コースで

 東京オリンピック代表最終選考会を兼ねた全日本競歩能美大会が3月15日、石川県能美市の市営コースで行われ、男子20キロは昨秋の世界選手権6位入賞で21歳の池田向希(東洋大経済学部3年)が1時間18分22秒で初優勝し、東京五輪代表に決まった。池田は今大会前に日本陸上競技連盟が定めた派遣設定記録をクリアしており、条件を満たした。

 1カ月前に世界王者に敗れた反省を生かし、池田が初の五輪代表の切符をつかんだ。男子20キロ競歩では東洋大生が3大会連続で五輪代表に。「本当に良かった。世界を意識する大学で成長し、伝統を引き継げた」と誇らしげに語った。

 心身ともに無駄な力を使わず、「無心」を心がけた。先頭集団に淡々とついていき、16キロ手前の高橋英輝(富士通)のペースアップに自然に反応し、そのまま高橋の前に出る。残り4キロ、高橋を後ろに従え、持ち味の速いピッチの歩きでトップを守った。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです