メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・成城大

芝浦工業大学付属中学高校と高大連携協定 大学の講座などで生徒受け入れ

連携協定を結んだ戸部学長(左)と大坪隆明校長

[PR]

 成城大学は1月30日、芝浦工業大学付属中学高校(東京都江東区)と高大連携協定を締結した。大学の講座や行事に高校からの参加者を受け入れ、大学教員が高校を訪問し特別講座を行う。

 両者は交流と連携を通じて、生徒の大学進学に関する意識や学習意欲を高める▽成城大学の求める学生像や教育内容の理解を深める▽高校と大学の教育の質の向上と活性化――を目指す。教育や進路に関する情報交換なども予定している。協定は昨年秋、データサイエンスなど理数系教育の充実に力を入れる経済学部が声掛けをしたことに始まる。その間、経済学部長と教頭の間でやり取りを重ね、協定締結に至った。

 調印式で成城大学の戸部順一学長は「高等学校にはない大学の資源を有効に活用いただき、その活用を通じて、高校生のみなさんに成城大学を早くに理解してもらえればと考えております」と話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです