メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・千葉商科大

国際的な「気候非常事態宣言」に日本の大学として初署名

千葉商科大学が所有するメガソーラー野田発電所

[PR]

 千葉商科大学は、環境問題に取り組む高等教育機関の国際的な3機関(※注)が出した「気候非常事態宣言」の文書に、日本の大学として初めて署名をした。文書では、学生とともに危機に対処するため、次の三つの計画に着手することとしている。

1 遅くとも2030年または50年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロ)になることを約束する。

2 気候変動の研究と能力開発のためにより多くのリソースを動員する。

3 学内はもとより地域・社会に向けても、環境教育や持続可能性(サステナビリティー)教育の提供を増やす。

 この共同宣言を主導する機関のひとつである国連のUNEPは、19年7月10日に「6大陸の7000以上の高等教育機関が、気候非常事態の共同宣言に合意した」ことを発表したが、このたびの同大の署名は、同宣言への合意を表明した形となる。署名にあたり、同大はカーボンニュートラルへの目標を25年とした。

 同大の原科幸彦学長は「大学は智の府として社会に情報を発信しますが、行動が伴わなければなりません。気候変動に対しても大学自らが脱炭素社会に向けた活動を行い、教育研究に生かすことが必要。他の大学にも呼びかけ、大学コミュニティーからも脱炭素化の輪を広げていききたいと思います」と話す。

※注

・EAUC(Environmental Association for Universities and Colleges)=大学環境協会、イギリス

・高等教育気候行動推進団体「Second Nature」=(アメリカ)

・国連UNEP(United Nations Environment Programme)=国連環境計画の「Youth and Education Alliance」

https://www.sdgaccord.org/climateletter

★注釈

 本学ではすでに、2019年9月に「SDGs行動憲章」を策定し、翌10月には「激化する気候変動に対する緊急メッセージ」を発出しています。日本初の自然エネルギー100%大学として、気候変動対策を積極的に研究・実践し、引き続き、国内外に向けて自然エネルギー100%社会の構築に向けて活動していきます。

千葉商科大

公式HP:https://www.cuc.ac.jp/
所在地:〒272-8512 千葉県市川市国府台1-3-1
電 話:047-372-4111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです