連載

大学倶楽部・神奈川工科大

公式HP:https://www.kait.jp/ 所在地:〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030 電話:046-291-3002

連載一覧

大学倶楽部・神奈川工科大

宇宙デブリ拡散防止装置の事業化向け共同実証 渡部准教授の研究グループが参画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神奈川工科大工学部機械工学科航空宇宙学専攻の渡部武夫准教授を中心とした研究グループは、運用終了後の人工衛星が宇宙ゴミ(デブリ)にならず、速やかに軌道離脱する方法について、民間宇宙ベンチャーのALE(東京都港区)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)間の「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」に、ALEとの共同研究を通じた連携協力者として参画している。2021年度内に宇宙空間での技術実証を行う。

 近年、宇宙開発の発展に伴い、運用終了後も地球周回軌道に残っている衛星やロケット上段部、またそれらが衝突して発生した破片などからなる宇宙デブリの問題が深刻化している。運用中の衛星や宇宙空間で作業する飛行士にぶつかると危険で、デブリ対策技術の研究・開発が急務だ。

 今後打ち上げの増加が見込まれる小型の人工衛星は、軌道を変更する能力がない人工衛星が多く、運用終了後、自然に地球大気に突入するまで宇宙空間に残存している。期間は短いもので数年、長いもので数百年かかるものもある。

 同装置は、運用終了後に人工衛星に搭載した装置からEDTと呼ばれる電気を通す長いひも(テザー)を宇宙空間で伸ばし、地球磁場を使って人工衛星の軌道を変更する。人工衛星の軌道高度をより短期間で降下させることで、早期に地球大気に再突入・焼却廃棄することができる。

 実証後、ALEが装置の製造・販売の事業化を目指す。同大はテザーを収納し宇宙空間で伸ばす機構の初期検討や、簡易モデルの試作・試験などを担当している。

 詳しい活動内容は同大ホームページ

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る