メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・和洋女子大

国際医療研究センター国府台病院に防護服寄贈 新型コロナ感染症対策で

和洋女子大学さとみ館で防護服が寄贈された

[PR]

寄贈した防護服(新型感染症対策セット2型)

 和洋女子大学は4月1日、新型コロナウイルス感染症対策として、同大学看護学部看護学科保有の防護服(新型感染症対策セット2型)28着を国立国際医療研究センター国府台病院に寄贈した。

 同病院は、同大学看護学部の実習の受け入れ先であるほか、医師を同大学の教員として派遣している。

 両者は、2017年12月に設立された千葉県市川市国府台地区にある10機関による「国府台コンソーシアム」に参加。教育機関と医療機関が連携し、定期的に意見交換を行い、相互連携を図りながら、安心・安全なまちづくりと地域の活性化を目指している。「防護服が少しでも地域の役に立てば」という思いが、今回の寄贈につながった。

和洋女子大

公式HP:https://www.wayo.ac.jp/
所在地:〒272-8533 千葉県市川市国府台2-3-1
電 話:047-371-1111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです