メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

フレイル対策を動画で スポーツ健康科学部の真田教授が解説

フレイル対策を解説する立命館大スポーツ健康科学部の真田樹義教授

[PR]

 立命館大学スポーツ健康科学部の真田樹義教授は、厚生労働省が4月1日より75歳以上を対象に「フレイル健診」を開始することを受け、健康寿命を延ばすフレイル対策について、解説動画を公開した。

 フレイルとは、筋力などの身体機能が低下し、心身ともに弱ってきた状態を指す。要介護状態に至る前段階として位置づけられ、超高齢化社会を迎える日本では、およそ350万人の高齢者が当てはまると推計されている。

 フレイルの身体的な問題として指摘されるのが「サルコペニア」。サルコペニアは、加齢による筋量の減少・筋力の衰えを指し、一般的に40歳前後から始まる。真田教授は、高齢期においても日常生活を制限なく過ごすためには、フレイルの予防につながるサルコペニアの対策を、40歳前後から始めることを推奨している。

 動画では、サルコペニア対策に適した運動方法や家庭でのチェック方法を紹介している。この動画を通じて、一人でも多くの方に、フレイルやサルコペニア、またその対策への理解を深め、健康で快適な生活を送るための行動につなげてもらうことを期待している。

立命館大

公式HP:http://www.ritsumei.jp/
所在地:〒604-8520 京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1
電 話:075-813-8300

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです