メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

フレイル対策を動画で スポーツ健康科学部の真田教授が解説

フレイル対策を解説する立命館大スポーツ健康科学部の真田樹義教授

[PR]

 立命館大学スポーツ健康科学部の真田樹義教授は、厚生労働省が4月1日より75歳以上を対象に「フレイル健診」を開始することを受け、健康寿命を延ばすフレイル対策について、解説動画を公開した。

 フレイルとは、筋力などの身体機能が低下し、心身ともに弱ってきた状態を指す。要介護状態に至る前段階として位置づけられ、超高齢化社会を迎える日本では、およそ350万人の高齢者が当てはまると推計されている。

 フレイルの身体的な問題として指摘されるのが「サルコペニア」。サルコペニアは、加齢による筋量の減少・筋力の衰えを指し、一般的に40歳前後から始まる。真田教授は、高齢期においても日常生活を制限なく過ごすためには、フレイルの予防につながるサルコペニアの対策を、40歳前後から始めることを推奨している。

 動画では、サルコペニア対策に適した運動方法や家庭でのチェック方法を紹介している。この動画を通じて、一人でも多くの方に、フレイルやサルコペニア、またその対策への理解を深め、健康で快適な生活を送るための行動につなげてもらうことを期待している。

立命館大

公式HP:http://www.ritsumei.jp/
所在地:〒604-8520 京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1
電 話:075-813-8300

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  5. 新型コロナ 10万円再給付、国民が対策案

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです