メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

アバター卒業式 ロボット操作し証書授与

ビジネス・ブレークスルー大の大前学長がアバター参加の卒業生に卒業証書を読み上げた

[PR]

卒業ガウンとハットを身にまとって歩行するアバターロボット
教授らと記念撮影するアバター参加者

 ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学は3月28日、新型コロナウイルスの感染予防として、ANAホールディングスの普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミ―)」を導入し、東京都千代田区のホテルグランドパレスで完全オンラインの卒業式を開催した。

 式典では、卒業生代表の5人が遠隔地から自らの分身として、アバターロボットを操作して参加。 その他の卒業生はWEB会議ツールによるオンライン参加で視聴した。

 ニューミーは、タブレットを「顔」として備え、四輪の「足」で動く。司会者から名前が呼ばれると、卒業ガウンとハットを身にまとったニューミーが、操作する卒業生の顔をタブレットに映しながら登場し、同大の大前研一学長から卒業証書を「手渡し」された。卒業証書授与後は、ニューミーが大前学長を囲み記念撮影も行われた。

 大前学長は「建学の精神でもある『知のネットワークは、人間の能力を無限に伸ばす』ことを信じ、これからも努力し続け、世界で活躍してほしい」と卒業生に激励のメッセージを送った。

 アバターに分身して卒業式に参加した同大大学院修了生の男性は「まさか自分がアバターを操作して卒業式に参加するとは思いもしなかった。プライベートの空間にいながら、公の場で卒業証書を受け取るのは斬新な経験だ」と述べた。

 「アバター卒業式」を企画した同大経営学部グローバル経営学科長の谷中修吾教授は「新型コロナ対策が求められる中、アバターの導入で温かみのあるオンライン卒業式が実現できてうれしい。この取り組みが、卒業式や入学式の開催に悩む教育機関の参考になればいい」と話した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです