メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋英和女学院大

包括連携協定を結ぶ 横浜市緑区と

協定書を持つ池田学長(左)と緑区の小野崎信之区長

[PR]

 東洋英和女学院大は、3月4日に横浜市緑区と連携・協力に関する基本協定を結んだ。同大で同日締結式が行われた。同大の専門性を生かした人材育成、学術研究の向上、活力ある個性豊かな地域社会の形成・発展を目的としている。

 同大は緑区に設置される予定の国際交流ラウンジの運営協力、市民を対象とした公開講座の開催など、大学の資源を活用した地域貢献を進めていく。緑区は、公立保育園における学生の実習やアルバイトの受け入れ、子供が対象のイベントへの学生ボランティアの参加など、学生のフィールドワークの場の提供、学生と地域住民の交流などの取り組みをしていく予定だ。

 同大の池田明史学長は「地域に大学が貢献し、学生が視野を広げ、多様な視点から物事を考えられる成長の場となることを期待している」と話した。

東洋英和女学院大

公式HP:http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/
所在地:〒226-0015 横浜市緑区三保町32
電 話:045-922-5511

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです