メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・龍谷大

「犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定」 京都府と締結

犯罪学研究センター長の石塚伸一教授。矯正・保護総合センターの運営にも関わっている。

[PR]

 龍谷大学は3月23日、京都府と地域の防犯力の向上、再犯防止の取り組み、犯罪被害者などに対する総合的な支援に関する「犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定」を締結した。この協定は誰もが犯罪の被害者にも加害者にもならず、安心して暮らせる共生社会の実現を目標に掲げ、2020年度から官学連携をしていく予定だ。

 日本では近年、犯罪や非行の繰り返しを防ぐ「再犯防止」が大きな課題となっている。出所後に生活支援を受けられず、窃盗などを繰り返す高齢累犯者(高齢者の再犯)が多くなっている現状がある。法務省の「再犯防止推進計画」では、罪を犯した人が罪を悔い改め、犯罪、非行を繰り返すことがないように、再び社会復帰できるよう指導・支援をすることを重要としている。現在、各地方自治体では再犯防止のための地域コミュニティーでの福祉的支援について、さまざまな検討、取り組みが行われている。

 同大の犯罪学研究センターは、対人支援による再犯防止を目指している。今後は「再犯防止」にかかわる府民理解の促進や薬物乱用防止対策の推進に取り組んでいく。

 同大の石塚伸一犯罪学研究センター長(法学部教授)は、「昨今は犯罪の様相が変わった。家庭内暴力、児童虐待、ひきこもり、薬物依存などの家庭内の逸脱や、高齢累犯者の背景には社会における孤立がある。研究の成果を子育てや社会養育、学校教育や街づくりに生かしていきたい」と意気込む。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです