メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立教大

中田英寿さん 客員教授に就任

立教大学客員教授に就任した中田英寿さん(43)

[PR]

 立教大学経営学部の客員教授に、元サッカー日本代表選手の中田英寿さん(43)が4月に就任した。中田さんは、経営学部3、4年生を履修対象とした新科目「伝統産業とマーケティング」を山口和範経営学部長、高岡美佳教授とともに秋学期に担当する。

 「日本文化の世界戦略」をテーマに、日本の伝統産業の歴史と現状を学び、産業の再生や新規ビジネスの創出を行うための思考や、実践力を身につけるための講義を行う予定。全14回の講義では「日本酒」「食」「工芸」のそれぞれのジャンルに対し、産業構造分析、フィールド・スタディーやゲストを招いたトークセッションを行う。トークセッションでは、中田さんが日本全国を旅してきたなかで培った経験をいかし、各分野のプロフェッショナルにも協力してもらう予定だ。

 中田さんはJリーグのみならず、1998年にイタリア1部セリエAのペルージャに入団し、その後ローマなど伊英のトップチームで活躍し2006年に引退。09年に一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATIONを設立し、同年4月から全国47都道府県を巡った。そのきっかけで伝統文化・工芸などを支援するプロジェクト「REVALUE NIPPON PROJECT」を立ち上げた。15年には「株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立し、酒の素晴らしさ、面白さを知ってもらえるための活動を行っている。また、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関である国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員を務めている。

 日本の地域と世界を結ぶフィールドワークとして、中田さんの経験を同大の学生に還元できるように科目を設置したという。

立教大

公式HP:http://www.rikkyo.ac.jp/
所在地:〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです