メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

「英文法授業ノート」販売数3万部突破

英文法授業ノート

[PR]

 神田外語大外国語学部国際コミュニケーション学科の北村孝一郎講師が開発した「英文法授業ノート」の販売数が、3万部を突破した。もともと、同大で行われている入学前教育のために開発した教材だ。

 中学校や高校で学んだ英文法の知識を再確認しながら、英語でコミュニケーションをとる能力を高めることを目的とした書き込み式テキストになっている。流ちょうさだけでなく、正確さを高める教材として注目されている。

 本書は、英文法を一から学ぶ参考書というより、教室での授業における板書や解説を学生が自分でまとめたノートのようにイメージした構成となっている。授業で板書をノートに書き写すように手を動かしながら要点を確認し、例文とそれぞれ横にあるワンポイント解説に目を通しながら、英文の空欄に書き込んでいくスタイルのワークシートだ。

 自学習用や夏季講習などの講座用テキストとして各教育機関での活用を勧めている。

 北村講師は「英文法の授業をそのまま自宅でも再現できるようにまとめている。ぜひ活用してもらえば」と話している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです