メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・金沢工業大

害獣対策ロボット試作機開発 土居教授がNPOなどと連携

[PR]

 金沢工業大工学部ロボティクス学科の土居隆宏教授の研究室が、耕作放棄の農地や竹林などを利活用してにぎわいの創出を目指す「NPOみんなの畑の会」(金沢市)、石川県立大環境科学科の大井徹教授と連携して、害獣対策ロボットの試作機を開発した。

 石川県によると、2018年度の鳥獣による農作物被害額は約1億2936万円にのぼり、うちイノシシによる被害額は約1億1570万円と大半を占めている。これに対し、従来、田畑を電気柵で囲うなどの対策が取られているが、漏電防止や設備の維持管理などに課題があった。

 開発された試作機は、幅11センチ、高さ26センチ、奥行き15センチ、重さ1・35キロの架線(ベルト)移動型。起伏や傾斜がある里山での利用を想定し、木々の間に張られたベルトを伝って移動する。搭載されたカメラで害獣を認識、追尾し、音や光などを発して撃退する。

 高齢者でも扱えるよう、ベルトへの着脱はバネによる蓋の開閉で簡単にできるようになっている。プロトタイプを使った走行実験では、ベルトがぬれた場合でも走行に支障はなく、カメラによる物体検出実験では、走行時も害獣にみたてたぬいぐるみを検出することが確認できた。

 土居研究室では今後、石川県立大や国際高等専門学校と連携しながら、画像処理による害獣の種類の検出や機体の性能向上、雨水などの環境対策を図るほか、音や光などを用いた比較実験を通じて最も効果的な撃退方法を選定し、実用化に近づけていく。

 NPOみんなの畑の会は、金沢工業大や石川県立大、国際高専などの県内の高等教育機関や、無人搬送車(AGV)を提供する会社「シコウ」(金沢市)と連携した害獣対策や伐採した竹の災害時の有効利用などの地方創生に向けた取り組みが評価され、18年度に県から「石川版里山づくりISO(国際標準化機構)」の認証を受け、19年度に金沢市から「いいね金沢環境活動賞」を受賞している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  3. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. ORICON NEWS 英文学者の外山滋比古さん死去 96歳、著書に『思考の整理学』

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです