メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

文学部地球市民学科が新入生合宿をオンラインで実施

ビデオ会議システム「Zoom」を活用したオンライン合宿の様子

[PR]

 清泉女子大学文学部地球市民学科は4月20~22日、新入生のオンライン合宿を実施した。ビデオ会議システム「Zооm」を活用し、オンライン上でミーティングを行い、同学科の教員が工夫したさまざまなプログラムで交流を深めるとともに、新入生が抱えている学生生活や履修などについての不安や疑問を解消した。

 同学科では、新入生同士の交流や、これから始まる4年間の学びへの導入として、毎年4月に学外の施設を利用して2泊3日の新入生合宿を行っている。例年、多くの教職員や上級生、OGも参加しており、人間関係の築き方、生徒から学生へと変わる主体的な学習方法などをワークショップを通して体験することで「地球市民」としての土台を作る。

 今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、Zооmを利用して開催した。初日のプログラムでは、教員あいさつやQ&Aコーナー、ゲーム形式での自己紹介や全員参加のリフレクションタイムなどを実施。少人数の学生によるチューターごとのQ&Aコーナーでは、同学科で学んでいく際の質問などを受け付け、保護者も参加した。

 2日目と3日目には、在学生や卒業生の先輩による履修・学生生活相談、グループワーク「世界を変えるプロジェクトを組織しよう!」、履修ウェブ登録システムのトラブル対応、グループ発表会などを実施した。

 参加した新入生からは「不安を感じていたが、画面越しでも先生や同級生と会えてうれしかった。早く実際に会いたいという気持ちも強くなった」という感想があがり、合宿後のアンケートでも、ほとんどの学生が「大学生活への期待が高まった」と回答した。

 同学科の安斎徹教授は「このオンライン合宿を通して不安を解消し、充実した大学生活に向けた第一歩を踏み出そう」と呼びかけている。

 同大公式の写真共有アプリ「インスタグラム」で合宿を紹介している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです