メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神奈川工科大

全学でオンライン授業スタート 講義の特徴に合わせ3手法

オンライン授業の様子

[PR]

緊張しつつも楽しく参加する学生たち

 神奈川工科大学は、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、5月11日から6月13日までの全授業をオンラインで実施している。

 オンライン授業は、ビデオ会議システムを利用した「ライブ双方向型」▽録画映像を利用した「オンデマンド型」▽eラーニングやLMS(学習管理運営システム)による電子資料活用型――の3手法をそれぞれの講義の特徴に合わせて選択、または組み合わせて行っている。

 同大では、オンライン授業支援室を立ち上げ、教員もサポート。教員からは「想像していたよりも、授業を行うことができる」という感想も多く寄せられている。

 オンラインでの研究室ゼミに参加した同大情報学部情報メディア学科4年の広岡さんは「少人数でのオンラインゼミを体験し、対面よりも講義に対する理解度を伝達しやすく、疑問を解決しやすい環境だと感じた。深い理解に向けて活用していきたいと思う」と話した。

 ICT統括本部兼情報教育研究センター所長の西村広光教授(情報メディア学科所属)は「対面授業よりも学生からの意見やコメントの書き込みが積極的になる傾向があることが分かってきている。オンライン授業のメリットを生かすことで、学生の主体的な学びを高める授業を定着できると考えている」と語った。

 一方で、授業の進め方が対面授業と異なるので、今後はよりオンライン授業の良さを出せる授業の検討も必要になってくる。今後は、オンライン授業の受講学生を対象に実態調査を実施する予定。結果をもとに改善策を検討し、より良いオンライン授業を展開していく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです