メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・茨城大

緊急支援パッケージ実施 新型コロナウイルスの影響で

茨城大学の緊急支援パッケージの案内

[PR]

 茨城大学は、新型コロナウイルス感染拡大によって困窮した学生への経済的・精神的なケアの施策を緊急支援パッケージとして示している。同大は、学生の自由・自発的な学びの場を可能な限り守り、安心・安全に大学生活を送ってもらうため、きめ細やかに支援していくとしている。

 生活に困窮している学生200人に対する、1人5万円の給付型奨学金については既に受け付けを終了した。5月下旬には、上限15万円の貸与型奨学金の募集を予定している。ほかに、家計が急変した学生に対し、授業料を減免したり、下級生のメンターや遠隔授業のアシスタントなど大学運営業務に協力してもらって賃金を支払ったりすることによる、経済的支援の準備を進めている。

 学修支援や学生生活相談も実施している。遠隔授業の受講環境が不十分な学生を対象に、貸し出し用ノートパソコンを用意している。すべての学生に対し担任教員を置き、学生の相談体制を構築している。学内の専門家がメンタル不調、対人関係、学業の不安、障害へのサポートに関しても細やかな支援を行う。また、5月11日からは学部4年生および大学院生に対する図書館の資料郵送貸し出しサービスも開始した。

 現在準備を進めている制度は、詳細決定次第、教務情報ポータルやメールを通じて学生に案内する。

茨城大

公式HP:http://www.ibaraki.ac.jp/
所在地:〒310-8512 水戸市文京2-1-1
電 話:029-228-8111

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです