メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京女子大

篠崎教授と学生がオンライン方言調査を予定 山形・三川町在住の高齢者対象に

[PR]

 東京女子大学現代教養学部人文学科日本文学専攻の篠崎晃一教授と篠崎晃一教授と同ゼミナール生を中心とする学生43人は9月18~20日、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して山形県庄内地方の三川町を対象としたオンライン方言調査を実施する予定だ。新型コロナウイルスの影響下で都道府県をまたぐ移動に自粛が求められる中、新しいフィールドワークの形を提案する。学生らは篠崎教授の指導のもと、研究の一環として毎年夏期休暇中に各地へ赴いて方言調査を行っている。しかし、今年は高齢者と対面で調査を行うことや都道府県をまたいで学生が訪ねることによる感染拡大を憂慮し、オンラインでの方言調査を検討した。

 今回の調査では、三川町在住の高齢者を対象として方言の意味・用法などを詳細に調べる。年度末に辞書形式の報告書「みかわのことば」をまとめ、調査地にも成果を還元する予定だ。

 篠崎教授は方言学や社会言語学、言語地理学を専門としており、方言も含めた現代日本語の多様性や、各地の言語変化の動向について研究している。近年は言語行動やコミュニケーション場面の地域差にも着目している。

 問い合わせは、同大学広報課(03・5382・6476、メールpr@office.twcu.ac.jp)、三川町役場企画調整課の星川さん(0235・35・7013)まで。

東京女子大

公式HP:http://www.twcu.ac.jp/
所在地:〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1
電 話:03-5382-6476

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです