連載

大学倶楽部・清泉女子大

公式HP:https://www.seisen-u.ac.jp/ 所在地:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21 電話:03-3447-5551

連載一覧

大学倶楽部・清泉女子大

地球市民学科が岩手・陸前高田フィールドワーク オンライン連続講義で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
陸前高田フィールドワークのオンライン講義の様子 拡大
陸前高田フィールドワークのオンライン講義の様子
陸前高田フィールドワークの1回目のテーマ「観光」の授業の様子 拡大
陸前高田フィールドワークの1回目のテーマ「観光」の授業の様子

 清泉女子大学文学部地球市民学科の「陸前高田フィールドワーク」の授業では、6月から「オンライン連続講義」を実施している。

 同授業では、学生らが毎年、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市を訪れ、フィールドワークを行っている。今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現地訪問の代わり、オンラインでできるさまざまなことに挑戦する「新しい学びのカタチ」プロジェクトとして授業に取り組む。

 初回の1日の講義は「観光」をテーマとして、一般社団法人陸前高田市観光物産協会事務局長の桒久保博夫氏と一般社団法人マルゴト陸前高田理事の古谷恵一氏から、観光の現状や両法人の活動内容、コロナウイルス対応も含めた今後の課題などについて、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って話を聞いた。 受講した学生からは「とても楽しかった。陸前高田に行きたくなった」「実際に現地の人から話が聞けてとても勉強になった」「実際に現地で働いている人の話を聞けて、とても良い経験になった」「復興の歩みがコロナウイルスの影響で滞ってしまっており、私たちにできることを考えていかなければならないと感じた」といった感想が寄せられた。

 学生らは「オンライン連続講義」を毎週受講し、夏休みにはオンラインで陸前高田の震災遺構などを訪ねる「バーチャル・フィールドワーク」を計画している。また、市の関係者らが協議した東京の大学生に考えてほしいテーマをもとに地域の課題解決に取り組んでいく。テーマの決定後、情報収集と調査分析、企画立案を進め、12月には提言を発表する。

 同大学の公式Instagram公式Facebookでも活動の様子を紹介している。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る