メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

北欧諸国の高校・大学とオンラインで連携継続 鈴木ゼミの取り組み

ノルウェー・ベルゲン大学との交流の様子(今年5月)

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの日本人学生が、海外留学・研修・インターンシップへの参加中止を余儀なくされている。また、日本への留学・研修を希望する海外の学生にとっても同様のことが起きている。こうした状況の中、明治大学国際日本学部、鈴木賢志ゼミナールでは、日本に興味を持ち、日本語を学んでいる北欧の高校・大学生たちとオンラインで交流を継続している。

 鈴木ゼミは「日本と北欧の社会システムの比較」をテーマに活動しており、例年は北欧諸国での研修を行っている。今年度はこれまで、スウェーデンのトゥンバ高校やノルウェーのベルゲン大学とオンライン交流を続けてきた。WEB会議システム上で、英語や日本語で現地の様子を伝えあったり、それぞれの社会状況に関して意見交換を行ったりしている。(スウェーデン・ノルウェーが6月から夏休みに入るため)スウェーデンのトゥンバ高校とはひとまず5月末で終了。ノルウェーのベルゲン大学とは6月末まで、【毎週木曜午後7時~】交流を続けている。夏休み明けの秋以降も定期的に交流を続ける予定だ。

【ノルウェー・ベルゲン大学との今後の交流(春学期)】

6月11日(木)、18日(木)、25日(木)の日程で、時間はいずれも午後7時~。

 担当教員:鈴木賢志(国際日本学部教授)のコメント。

 「諸外国の人々とオンラインで交流することが技術的に可能であることは、以前から分かっていたことですが、大学の授業が全面的にオンラインに移行したことで、私たち教員も学生たちも、オンラインを利用することの心理的ハードルがぐっと下がりました。世界が元の状況に戻っても、この経験を生かして、世界の人々との交流がより気軽にできるようになり、お互いの理解を深めることができるようになるといいなと思っています」

~活動中の鈴木ゼミ 学生コメント~

国際日本学部3年 岩月万依(いわつき・まい)さん

 この交流会で知ることができた現地の社会状況をさらに日本と比較しながら、学びを深めていきたいです。またこのような機会を大切にし、今後もWEB上での海外交流に力を入れていきたいです。

国際日本学部3年(留学生) ニ ニ (にに)さん

 私は留学生ですが、オンライン交流会を通じて、北欧のことだけでなく、今の生活では見えてこなかった日本のさまざまな側面を他の日本人学生から学べました。さらに、日本社会に対する北欧の学生たちの新しい視点を手に入れることもできました。

国際日本学部3年 伊東邦晃(いとう・くにあき)さん

 最初はスウェーデン、ノルウェーの学生とオンラインで交流なんてできるのか思っていました。実際にやってみても遠慮がちになってしまったし、とても大変だったというのが正直な感想です。それでも、回を重ねるごとに少しずつ慣れてきて打ち解けたように思えました。好きな映画や漫画などの話で盛り上がったり、真面目にコロナについてその国ごとで対応にどういった違いがあるのかとかを共有できたりして、とても有意義な時間になりました。早く北欧に行ってみたいという気持ちが高まりました。

国際日本学部3年 村田麻里亜(むらた・まりあ)さん

 コロナウイルスで留学やゼミ合宿などが中止になり、国際交流の場が失われてしまったと落ち込んでいたところに、このような機会を得ることができてうれしかったです。ノルウェーやスウェーデンの学生とは好きな映画の話など、身近な内容で盛り上がって、毎週楽しい時間でした。「今だからこそできる」取り組みだと思います。

国際日本学部4年 菅野岳史(かんの・たけし)さん

 こういった緊急の状況で世界と日本が物理的に分断されている中、既存のテクノロジーを利用し、こういった取り組みを前向きに行っていくことで、国を超えて皆、今の状況と闘っているのだと強く結びつきを実感できました。私も引き続き前向きに頑張っていこうと思うことができました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです