メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共立女子大

カレーの聖地で食を学ぶ学生が共同開発した健康弁当、7月より首都圏私鉄系スーパーで販売

商品画像

[PR]

夏をげんきに!くすくすキーマカレー 商品POP

 共立女子大学・共立女子短期大学は、主に首都圏私鉄系スーパーからなる株式会社八社会(本社・東京都渋谷区、塩路茂社長)と協業し、健康弁当の共同開発に取り組んでいる。

 同大学家政学部食物栄養学科の学生たちが栄養学など専門性を生かしたもので、同社との健康弁当は昨年9月からこれまで7商品が商品化された。

 商品化第8弾となる今回は、今年夏向け新商品として、7月1日から「夏をげんきに!くすくすキーマカレー」を販売する。

 共立女子大学が所在する千代田区神田周辺には、400店以上のカレー提供店が集まるカレーの聖地。その環境下で学ぶ学生たちが考案したキーマカレーには、ズッキーニなど夏野菜を加え、「カレー弁当の中でも、野菜が多いことが特徴」(同大学家政学部食物栄養学科管理栄養士専攻3年・今木美来さん)と語る。

 また「スパイスで香りや味にアクセントをつけて、減塩だけではなく、塩味以外の味付けを楽しめるようにした」(同3年・細川瑠衣花さん)と、378カロリーで塩分3グラム以下と健康にも配慮されながら、楽しんで味わえるこだわりのカレー弁当が完成した。

 アクセントとしては、「もち麦入りご飯にピーナツもトッピングするなど、食感も楽しめる」(同3年・苅部この実さん)、「カレーのお弁当は彩りが悪くなってしまいがちだが、カレーの具以外にも野菜を取り入れて彩り鮮やかにした」(同3年・石黒芹奈さん)など、工夫を凝らした。

 同商品は7月1~31日、首都圏の小田急OX、京王ストア、京急ストア、京成ストア、東急ストア、東武ストア、相鉄ローゼンで販売される。

【販売概要】

商品名  夏をげんきに!くすくすキーマカレー(もち麦入り)

価格   398円(税別)

販売期間 7月1日(水)~7月31日(金)

販売店舗

  下記の首都圏私鉄系スーパー(約330店舗)

  小田急OX、京王ストア、京急ストア、京成ストア、東急ストア、東武ストア、相鉄ローゼン

   *店舗の規模により一部取り扱わない店舗あり

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で421人が新たに感染 死者10人も確認 新型コロナ

  2. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  3. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです