メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大正大

学生プロデュースの東京・鴨台盆踊り 10、11日にオンラインで開催

昨年の鴨台盆踊りの様子

[PR]

 大正大学は7月10日(金)・11日(土)の2日間、「第10回鴨台盆踊り」をオンラインで開催する。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で例年リアルイベントとして実施している鴨台盆踊りだが、今年はテレビ会議システムのZoomおよびYouTube Liveを通じて、各日午後3~8時のあいだで、オンラインで配信を行う。

 同イベントの最大の特徴は、大正大学で開講している授業において、例年学生がイベントを運営・プロデュースしている点だ。参加者は学生のみならず、大学周辺の地域の方々や教職員など、昨年度の開催では約6700人以上を動員した。さまざまなイベントの中止が相次いでいる今夏において、地域と共にある大正大学の伝統を引き継ぎつつ、自宅でも楽しめる今年にしかできない盆踊りとして実施する。

 当日はメインの盆踊りや法要に加えて、学生による企画、関西の老舗盆踊りサークル「スターダスト河内」との東西盆踊り交流などを予定している。

 大正大学の盆踊り(御霊<みたま>まつり)は、大正大学を会場として戦前より断続的に実施され、1970年代には1万人を超える来場者があった。その後長らく途絶えていたが、2011年に東日本大震災の追悼イベントとして現在の鴨台盆踊りが開催されるようになり、今年で10年目を迎える。昨年度は過去最高の約6700人の来場者を動員し、巣鴨・滝野川の夏の風物詩として定着している。

大正大

公式HP:https://www.tais.ac.jp/
所在地:〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
電 話:03-3918-7311

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです