メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大正大

高校教員ら向けのコミュニケーションサイト公開 最新の入試情報など掲載

2021年度入試情報「大正大学コミュニケーションサイト」

[PR]

 大正大学(高橋秀裕学長、所在地:東京都豊島区)は、コロナ禍で通常の進路指導に関するコミュニケーションが取れないことに対して、日常以上の進路情報の共有を図るため、高校教員や塾・予備校講師向けの「大正大学コミュニケーションサイト」を制作した。サイトには、同大学の入試内容や入試報告会、オンライン校内ガイダンスなど最新の入試情報を掲載している。

【ポイント】

1.コロナウイルス感染症の影響による入試変更点などの最新情報を掲載

2.大正大学総合学修支援機構のライティング講師による「志望理由書の指導方法」動画を視聴できる

3.過去に開催した「入試報告会」のアーカイブを視聴できる

【内容】

 今まで、高校教員や塾・予備校講師との主なコミュニケーションツールは、同大学で開催する「入試報告会」と大学教職員による訪問であった。この度の新型コロナウイルス感染症によって、従前のコミュニケーションツールは絶たれてしまったが、高校教員や塾・予備校講師との新たなコミュニケーションツールとして、「大正大学コミュニケーションサイト」を制作した。

 同サイトは、各種入試に係る提出書類についてのお知らせや、オンライン入試報告会・オンライン校内ガイダンスの案内、「志望理由書の指導方法」動画など高校教員や塾・予備校講師向けの入試情報をたくさん掲載している。

■「大正大学コミュニケーションサイト

■大正大学受験生応援サイト「ココカラ

大正大学公式サイト

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです