メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・武蔵大

国際教養学部(仮称)を2022年4月に設置構想中

国際教養学部(仮称)の学び

[PR]

 武蔵大学(東京都練馬区)は、2022年4月に国際教養学部(仮称)の設置を構想している。

 国際教養学部は、1学科2専攻から成り、リベラルアーツ&サイエンス教育(人文社会科学・自然科学を広く含む総合科目、専門科目、外国語科目)を軸にした総合的な学びと、英語で行う授業により専門領域を究めることができる学部。

 同大学はこれまでも、15年度に経済学部で「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」、17年度には人文学部で「グローバル・スタディーズコース(GSC)」、社会学部で「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」を設置するなど、グローバル化をすすめてきた。

 今回、国際教養学部の設置により、これまで以上に社会が求めるグローバルリーダーの育成に取り組んでいく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです