メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京工芸大

「第16回ACジャパン広告学生賞」 テレビCM部門で優秀賞受賞

「SOSシグナル」のワンシーン

[PR]

東京工芸大学芸術学部映像学科の学生らがこのたび「第16回ACジャパン広告学生賞」の「テレビCM部門」で優秀賞を受賞した。学生らは「思いやり・助け合い」をテーマに、視覚障害者へのサポートを呼びかけた作品「SOSシグナル」。同大の学生がこのコンテストで受賞するのは8年連続となる。

 「ACジャパン広告学生賞」は、公共広告を手掛ける公益社団法人ACジャパンが主催しているコンクール。若い世代が広告制作を通して公共広告への理解を深め、「公」への意識を育てることを目的として設立した。「テレビCM部門」と「新聞広告部門」の2部門で、思いやり・助け合い、公共マナーや環境問題などの公共問題をテーマしている作品を募集した。第16回のテレビCM部門では、283作品の応募があった。

 同学科では、コンピューターグラフィックス(CG)やメディアアートなど現代社会における重要な表現方法「映像」について学んでいる。同学科映画領域では、3年次後期ではCM制作が課題となっている。今回の受賞作もその一環で制作されたもの。「白杖(はくじょう)SOSシグナル」を題材に、視覚障害者へのサポートを呼びかける内容のCMを作り上げた。

受賞した作品の企画・プロデューサーの映像学科4年滝口太郎さんは「優秀賞を受賞することができ大変うれしく思う。作品に関わってくれたスタッフに感謝している。皆さんにも今回の題材である「白杖SOSシグナル」の存在を知ってもらえばと思う。今回の結果に満足せずに、引き続き精進していきたい」と話した。

 監督の同学科3年生、永田幹さんは「今回、SOSシグナルというテーマで監督を担当した。僕は最初『SOSシグナル』について知らなかった。若い年代の人たちがSOSシグナルについて知らない人が多く、視覚障害者の当事者でも知らない人がいることをこの作品を通して知ることができた。今回の映像を見ていただいてSOSシグナルの認知度を上げ、もし助けを求めている状況に遭遇した時に皆さんの行動を変えられたらと思っている」と話している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです