メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・電気通信大

オンラインセミナー「AIを使って小説を書いてみよう!」 23、24日、参加者募集

オンラインセミナー「AIを使って小説を書いてみよう!」のポスター

[PR]

 電気通信大学人工知能先端研究センター(AIX)は8月23、24日に、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使ったオンラインセミナー「AI(人工知能)を使って小説を書いてみよう!」(「星新一賞」実行委員会協賛)を開催する。

 参加者には、セミナーを通して、ショートショート(掌編小説)の新人賞である第8回星新一賞(日本経済新聞社主催)への投稿を目指してもらう。また、AIが人間に置き換わる将来ではなく、AIが人間の持つ創造性をより高めるという、AIとの未来的な関係を感じてもらうことも期待している。

 2016年には、AIによる小説が星新一賞の1次審査を通過した。2日間のセミナーは、AI研究者による講演、作家との対談といった特別講演と、実際にAIなどを使って小説を書く実習部分で構成されている。実習部分では、特別講演の内容をもとに各自で小説の執筆に取り組み、AI研究者を含むスタッフがサポートする。

 具体的なプログラムは以下の通り。

 ▽23日午後1時~同2時=人工知能学会元会長で公立はこだて未来大学副理事長の松原仁氏による招待講演「AIによる創造性の研究を目指して」

 ▽同午後2時15分~同4時15分=電気通信大学人工知能先端研究センターの稲葉通将准教授によるワークショップ「30年後の未来をイメージした絵や写真をAIに取り込んで小説を書いてみよう」

 ▽24日▽午後1時~同2時=作家の石田衣良氏と電気通信大学の坂本真樹副学長による特別対談「小説を書くとき、どんなAI だったら使ってみたいですか?」

 ▽同午後2時15分~同4時15分=稲葉准教授によるハンズオン「AI同士を対話させて小説を書いてみよう」

 両日とも午後1時~同4時15分。対象は18歳以上で先着300人。参加無料。実習には、自力でプログラミングの環境構築ができる▽CUIによるLinuxの操作ができる▽プログラミングに関する基礎知識(for文などの制御構文、クラスやメソッド、リスト、連想配列などの基礎的なデータ構造の理解) ――のスキルが必要。参加希望者は8月16日午後5時までに専用フォームから申し込む。申し込み方法など詳細はAIXホームページ

電気通信大

公式HP:https://www.uec.ac.jp/
所在地:〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電 話:042-443-5887

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです