特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

大学倶楽部・日本薬科大

JKA・フジパンと共同開発商品「スナックサンド」販売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ガールズケイリンの関口選手(右上)と学生がディスカッションをしている様子 拡大
ガールズケイリンの関口選手(右上)と学生がディスカッションをしている様子
7月31日に埼玉県庁で記者発表。(左から)中島孝則・日本薬科大学教授、ガールズケイリンの関口美穂選手、フジパンマーケティング本部営業部の坂田賢治部長 拡大
7月31日に埼玉県庁で記者発表。(左から)中島孝則・日本薬科大学教授、ガールズケイリンの関口美穂選手、フジパンマーケティング本部営業部の坂田賢治部長

 日本薬科大学は、フジパンと公営競技の競輪とオートレースを統括している公益財団法人JKAが運営するガールズケイリンとの産官学共同開発商品の「タマゴサラダ~塩麴(こうじ)~」と「バナナ&ホイップ~甘麴~」の2商品を1日に販売開始した。

 関東・東北エリアを中心に、イオンスーパー、マルエツ、東武ストア、長崎屋、ヤオコー、カスミ、サンベルクス、ダイコクチェーン、ベイシアなどで9月30日まで期間限定販売をしていく。

 同大の強みである「麴菌」を使った商品を、北本勝ひこ教授が監修し、活性成分分析を行う学生と選手会埼玉支部所属の関口美穂選手が議論を重ね、企画から販売まで約8カ月かけて商品化したもの。

 開発に携わった学生からは「自分たちが話し合った商品が形になって販売されることは、いい経験になった。大学で研究したことが世の中に出ることにすごく感動した」と述べた。

 販売期間中には、新型コロナウイルス感染症の治療で奔走する埼玉県の医療従事者を激励するために、いくつかの医療機関に寄贈する予定。

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る