メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・産業能率大

新発想のオリジナル英語教育 受講生86%以上が英語好きに

カリキュラムではリチャード川口氏が映像出演し発音を徹底解説する

[PR]

産能大独自にカスタマイズされた学習アプリ「産能大発音道場」で発音を鍛える

 産業能率大学は今年度から、これまで日本で主に行われてきた知識注入型の英語教育に代わる、アウトプットを中心とした新発想の英語カリキュラム「SANNO English Program」(以下SEP)を進めている。

 日本の英語教育は、6年以上学んでも使えない、話せないと指摘されてきた。SEPでは、英語でのコミュニケーションスキル向上を第一の目的とし、学生同士が協力しさまざまな表現を身につけていく過程で英語が伝わる楽しさを経験してもらう。外国人とコミュニケーションをはかることを評価して、英語学習の意識変革を促す。

 プログラムは、「発音の鬼」としてメディアにも取り上げられている、英語学校「RK English School」校長のリチャード川口氏を客員教授として招き、同氏と共同で開発した。オリジナルの映像教材でネーティブの発音を徹底的に学び、発音できることでリスニングスキル向上を目指す。

 映像視聴後は表現の違いについて、さまざまなシチュエーション動画を見ながら英会話文を作成するワークを行い、英語の語順に慣れる、シンプルに言い換える、そして日本人特有の主張しないことを美徳とする価値観から徹底的に脱却(マインドセット)するトレーニングを行う。また、発音練習アプリ「産能大発音道場」を使用し、自主学習も含めた発音の徹底習得を目指す。

 SEPを受講した学生のアンケートでは、86%が「英語が好きになった」と回答。学生の英語に対する意識も変わりつつある。同大学経営学部1年生の田中菜々美さんは「受験英語と違い、会話中心に学べたので英語が好きになった。今までうまく聞き取れなかった洋楽が聞き取れるようになってきた。実践の場で試してみたい」としている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです