連載

大学倶楽部・東京女子大

公式HP:http://www.twcu.ac.jp/ 所在地:〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1 電話:03-5382-6476

連載一覧

大学倶楽部・東京女子大

総合型選抜入試「知のかけはし入学試験」をオンラインで実施 コロナ禍受け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京女子大学は9月8日、新型コロナウイルスの感染防止対策として受験生の安心・安全に配慮し、2021年度入学者選抜で実施する総合型選抜入試(旧AO入試)の「知のかけはし入学試験」をオンラインで実施すると発表した。受験生は自宅で試験を受けることができる。出願期間は10月19~23日。

 第1次選考は、外国語資格・検定試験の成績、志望理由書、調査書の出願書類による書類審査。元々第2次選考だった講義動画視聴と講義の要旨をまとめたノート提出、小論文、基礎学力検査(数理科学科のみ)を事前課題に変更する。講義動画、小論文と基礎学力検査の課題は11月13日午後3時からオンラインで配信し、受験生は作成した小論文と答案をノートとともに15日(当日消印有効)までに郵送する。

 第2次選考は21日に、講義と関連した内容を議題とした面接官との「ディスカッションの要素を含む面接」と、志望学科ごとの「学科面接」をオンラインで実施する。数理科学科志願者に対しては、学科面接の際に、事前課題の基礎学力検査の解答内容について確認も行う。

 募集人員は、前年度までと同様の学部全体で20人。前年度の同入試では、志願者34人に対し、11人が合格した。

 「知のかけはし入学試験」は、同大学初代学長の新渡戸稲造が大学の入学試験に際し、「太平洋の橋になりたい」と大志を述べた逸話を踏まえている。4年間の深い学びと人間的成長の機会を得ることを真摯(しんし)に求める優秀で個性的な人材を全国から募集する。これまで同大学を進路の選択肢としてみなし得なかった受験生、特に地方の受験生に対しても、豊かな学びと学生生活の機会を提供する。本入試受験者のみを対象とする同大学独自の給付型奨学金(申請には条件などあり)により学びをサポートする。

 17年度から導入している同入試は、新設当初から「三つのポリシー」に基づき、「学力の3要素」を踏まえ、志願者の意欲・個性・学力・資質を出願書類、英語外部検定試験の成績、講義ノート、小論文、面接などにより多面的・総合的に評価して合否を判定することを特徴としている。

 同大学の公式サイトから入学試験要項と出願書類をダウンロードできる。問い合わせは東京女子大学広報課(03・5382・6476、メールpr@office.twcu.ac.jp)。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る