メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・桜美林大

入学式代替イベント 「OBIRIN FRESHERS FESTIVAL 2020」開催

[PR]

 桜美林大学は、今春に開催を見送った入学式に代わる代替イベント「OBIRIN FRESHERS FESTIVAL 2020」を開催する。対象者は2020年度春学期入学者で、9月14日に東京ひなたやまキャンパス(東京都町田市)、9月15~16日に町田キャンパス(町田市)、新宿キャンパス(新宿区)で開催。参加は任意とし、開催にあたっては各キャンパスで入念なコロナウイルス感染症対策を行う。

 東京ひなたやまキャンパスでは、芸術文化学群の学生を対象に、学群ならではの企画を多数用意。今年度から開設したキャンパス内を専修ごとに分かれてツアーするものや、学生団体の紹介、ダンスショーやミニコンサートなど、学業と併せて自身の芸術センスを磨く先輩たちの姿を披露することで学生生活をよりリアルに実感できるものとなっている。

 町田キャンパスでは、キャンパス内にあるチャペルで礼拝形式の歓迎会を開催。オルガンの音色やチャペルの雰囲気でキリスト教精神に基づく桜美林らしさを体感できる。キャンパス内の王道「けやきの広場」のステージでは、音楽系団体やダンス系団体に所属する

先輩たちが輝かしい姿を披露。ともだち作り企画も用意され、まだ友達と顔を合わせていない新入生の不安を解消する。

 新宿キャンパスではビジネスマネジメント学群の学生を対象に、チアリーディング部に所属する学生によるウェルカムパフォーマンスでお出迎え。昨年度開設したキャンパスツアーや在学生の先輩との交流セッションも予定している。そのほか、運営学生がさまざまな企画を検討中だ。

 遠方に住む学生や、キャンパスに直接出向くことに抵抗がある学生に対し、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った配信やインスタライブを予定している。これからの学生生活がわくわくするものとなるよう、当日までの準備を進めていく。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです