メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋学園大

公開講座をオンラインで開講 初回は米中関係と日本の対策をテーマに15日

公開講座をオンラインで開催

[PR]

 東洋学園大は今年度の公開講座(リベラルアーツ)をビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」によるオンライン(ウェビナー)で開講する。一般向けの講座で、参加者を募集している。

 初回の9月15日は同大教授の朱建栄氏が講師を務め、アメリカが新興国に対し恐怖や不安を抱き、追い上げる中国が他国からの承認や敬意を求める中での米中関係と日本の対策を中心に語る。

 リベラルアーツは学問領域にとらわれない幅広い教養を指す言葉で、同講座ではさまざまな分野の一流の講師から学ぶことができる。今年は、「福島原発の現在」や「パラリンピック」「中東情勢」「日本美術」などについて全5回の講演をオンラインで行う。定員は各50人。

 講座は各回とも午後7時~8時半。受講料は5回通し券2500円、1回券1000円で事前振り込み。参加には公開講座事前登録フォーム(https://www.tyg.jp/koukaikouza/k-kouza/form.html)からのウェブ予約が必要。詳細は公開講座(リベラルアーツ)ホームページ

 主な内容は次の通り。

 9月15日=東洋学園大学教授・朱建栄氏「米中はトゥキディデスの罠(わな)を超えられるか 日本にとっての『未曽有の挑戦』」▽9月22日=東京新聞特別報道部・片山 夏子氏「東京電力福島第一原発の廃炉作業から見えてくるもの~原発事故から9年。作業員のルポから~」▽10月13日=シドニー・パラリンピック日本代表・古城暁博氏「前を向いて」▽10月27日=NHK解説主幹・出川展恒氏「混迷する中東情勢を読む」▽11月10日=すみだ北斎美術館館長・橋本光明氏「北斎の多彩な表現と生き方」

東洋学園大

公式HP:http://www.tyg.jp/
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
電 話:03-3811-1783

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです